公務員の面接試験スーツの色、持ち物など気をつけるべきことは?

公務員 面接試験 スーツ 色 ストライプ ボタン 数 ネクタイ 靴
面接に適したスーツとはどんな物なのでしょうか。
安心して試験に臨むために、手持ちのスーツや制服のままで大丈夫なのか、一度確認しておきましょう。

  

公務員の面接試験でスーツの色などで落ちることはある?

一般的なリクルートスーツ、ビジネススーツ、制服であれば、それだけで落ちることは考えにくいです。
あまりにだらしなかったり、個性的な服装は協調性に欠ける印象もあり、公務員の適性が低いと判断されるかもしれないです。

しかし、面接試験で服装は重視されているのかでも触れたように、服装だけで合否が決まることはありません
一般的な服装や身だしなみであればマイナス評価になることはないでしょう。
これからお話するような一般的な服装であれば、身なりの細かな欠点を探して気にするより、面接内容に集中した方が得策です。
就職活動で一般的に見られるリクルートスーツ、ビジネススーツについて一度確認してみましょう。

スーツの色は黒じゃダメって本当?

面接の対策本などには、紺色が望ましいと書かれているかもしれません。

これは「色」自体が重要なのではなく、色によって連想される人柄が重要だからだと考えられます。

紺色は清潔で真面目な印象を与え、誠実な人柄を連想させます。
公務員試験に向いている色と言えますね。

では、濃紺以外は不適切なのかと言うと、そうではありません。
一般的なスーツの色であればいいので、濃灰や黒っぽい色などの暗い色でも大丈夫です。

「黒っぽい」と表現したのは、真っ黒なスーツは喪服などの礼服で、リクルートスーツやビジネススーツにはないからです。
左が喪服、右が黒っぽいリクルートスーツです。

リクルートスーツは黒のイメージがあるかもしれませんが、礼服のような深い黒ではありません。実際に見てみると、限りなく黒に近いグレーや紺色であることがわかると思います。

実際に現在も公務員をしている友人は濃灰(チャコールグレー)で面接試験を受けていましたし、他の合格者も黒っぽい色やキャメルもいたようです。
金色や赤など、通常見かけない派手なスーツの色でなければ大丈夫だと思います。

ボタンの数は?

奇数がいいと言われることもあるようですが、ボタンの数で優劣が決まるわけじゃありません。
手持ちのスーツのボタンの数は、極端に多くなければ気にしないで大丈夫です。

余談ですが、ビジネスシーンで2つ以上のボタンのスーツを着る場合、立っている時は一番下のボタンは外し、座っている時は全てのボタンを外すのが本来のマナーです。
(日本の就活ではボタンを全て留める人が多いので留めたままで大丈夫です。)

このようなことも知識として頭に入れておき、当日色んな人のボタンの留め方を観察してみると緊張が和らぐかもしれません。
私はそう言った細かいところを観察するようにして緊張を紛らわせています。

ストライプのスーツは不適切?

無地が一般的で、色ではなく織柄(シャドーストライプ)などの目立たない柄であれば大丈夫です。
華やかな光沢感のあるストライプの場合は、目立ってしまうかもしれないので避けた方が無難です。

ネクタイの色や柄、ネクタイピンは?

スーツの色と同じ様に、印象に関わります。
礼服として使われる白、明るいグレー、黒や無地の赤系はあまり見かけません。光沢がなかったとしても、それらの色をメインにしているネクタイは避けた方が無難です。

調和を意味すると言われる青系の色のネクタイが一番無難です。
保守的な公務員のイメージに合いますし、誠実な印象を底上げしてくれると思います。
メインが青系なら赤系が入っていても大丈夫です。

柄については細かな柄やストライプが多いように思います。
奇抜なデザインでなければ大丈夫ですし、ネクタイピンは個人の自由になります。

一人で迷ってしまったら、売り場で店員さんにアドバイスをもらいましょう。

靴はローファーや革靴にすべき?

ローファーはカジュアルなのでスーツには合いません。男女ともにスーツには革靴やパンプスを合わせましょう。
制服であれば学校指定の靴、または合皮でもいいので黒系の革靴が無難だと思います。

破れていたりしなければ、古くてもきちんと手入れをして、磨いておくことで公務員らしい堅実な印象になると思います。

かばん、アウター、マフラーは?

多くの会場では面接を受ける時に荷物は控室に置いておくので、採点には関係ないと考えられます。
ただし、あまりにスーツや制服に合わない物は目についてしまいます。バッグやマフラー、コートはベーシックな色で装飾のないシンプルな物がいいでしょう。

スーツには黒、紺などのベーシックな色のビジネスバッグ、制服ならスクールバックや暗い色のシンプルなバッグが無難でしょう。

マフラーは毛糸編みではなく、布でベーシックな色(白やキャメル、グレー、黒など)がいいでしょう。

コートは無地でベーシックな黒やベージュのトレンチコート、チェスターコートなどシンプルなコートがいいでしょう。制服の場合はダウンやファーコートなどのカジュアルな物を避けて、シンプルな色、形のコートにしましょう。

フレーム眼鏡は派手に見られる?

花粉の時期などメガネを活用している人もいると思います。
現在では銀縁だけでなく、プラスチックなどの太いフレームのメガネを使っている人も多いので、無地の暗色ならそれだけが原因で落ちることはないと思います。しかし、派手な色や柄のフレームの場合は避けた方が無難です。

無難な服装は?

上の項目全てで完璧でなくても、クリーニングや磨いたりきちんと手入れをしていて、派手だったり奇抜な物がなければ大丈夫でしょう。
より安全に挑みたいと考えるのであれば、、以下の組み合わせが無難です。

    高校生

  • 制服
  • 清潔な靴下
  • 指定靴か革靴
  • スクールバッグ
  • 男性

  • 濃紺や濃灰の無地スーツ
  • 光沢感のない無地の白シャツ
  • 青系の無地かストライプのネクタイ
  • 黒か紺の靴下
  • 黒の革靴
  • 合皮か本革で黒のビジネスバッグ
  • 女性

  • 濃紺や濃灰の無地スーツ(パンツ・スカートどちらでも可)
  • 光沢感のない無地の白シャツ
  • 青系の無地かストライプのネクタイ
  • 肌になじむ色のストッキング
  • 黒の革靴(パンプス)
  • 合皮か本革で黒のビジネスバッグ

いずれもベーシックな物なので今後も使えてムダにならないと思います。

夏にクールビズの指定があったら

二次試験の案内に記載されているなら、体調を崩さないようにクールビズを着用しましょう。
記載がなくても、面接官からネクタイを外すように指示がある可能性もあります。

男性は半袖Yシャツ、ノーネクタイ、第一ボタン開けで大丈夫です。
女性は襟付きのシンプルな半そでか七分丈のブラウス、スカートが無難です。

男女共に下着や肌が透けないよう、インナーは事前に試着するなどの確認が必要です。
また、移動や面接会場内だけ冷房が効いている場合もあるので、温度調整が出来るように夏用のジャケットやカーディガンがあると安心かもしれません。

公務員の面接試験に必要な持ち物は

募集要項や試験案内に書かれている物が基本になります。

  • 一次合格通知書
  • 面接カード
  • 筆記用具
  • お弁当、飲み物

他には靴磨きシートや眼鏡拭きなどの身だしなみを整えられる物や、温度調節する物を持っておくと安心です。

温度調節出来る物

先ほどのクールビズの所でも触れましたが、暑さ寒さで体調を崩してしまうこともあります。

夏は衝撃を与えると冷えるタイプの瞬間冷却材やカーディガン、冬は使い捨てカイロや上着で調整し、万全の体調で面接を受けましょう。

身だしなみを整える物

特に雨の日やその翌日は泥はねなどが目立ちます。
100円ショップなどに売っているでも大丈夫なので、家を出てからの汚れをさっと取れるように、靴磨きや眼鏡拭きがあると便利です。

面接官から見て、身なりに気を配れることは好印象です。季節や天候に合わせて、身だしなみを整えられる物を用意しておきましょう。

公務員の面接試験で気をつけるべきこと

面接を前に色々なことが間違ってないか、浮いてないか心配になるかと思います。
最初に書いたように、あまりに奇抜で派手な服装や身だしなみはマイナス評価もあるかもしれませんが、服装だけで合否が決まることはほぼないでしょう。

先ほど紹介したように暗色のスーツに白シャツ、革靴、ビジネスバッグか制服に革靴、スクールバッグであれば面接に十分ふさわしい恰好です。ボタンの数などの細かな部分よりも、全体の清潔感を意識し、落ち着いて臨むことが大切です


まとめ

印象を大きく左右する服装や身だしなみは清潔感が重要です。
細かな部分の優劣を気にするよりも、汚れが無いようにキレイに磨いたりクリーニングしましょう。
当日も身だしなみを整えられる物を持っていると安心です。

自信を持って、落ち着いて面接に臨めるよう今から出来ることをしておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする