公務員の新人研修は服装自由?参考になるファッション雑誌は?


内定、入庁おめでとうございます!

研修や通常業務での服装は新生活が始まる前に準備したいですが、配属先の服装のイメージで用意していいのか迷いますよね。

研修では着るべき服装、通常業務にふさわしい服装の選び方はあるのでしょうか。

  

公務員の新人研修での服装はどうしたらいい?

規則はないのか?

制服の場合を除き、多くの自治体では服装に明確な規則はありません
(人事院からの法律や規則等を一通り確認してみましたが現在のところ見つかりませんでした。)

各自治体でも「常識の範囲内で、不快感を与えない程度」とぼんやりした基準が多く、個人の自由・判断に任されます。

浮かない格好は?

規則がないとなると、研修内容に適していて、周囲から浮かないようにしたいと思いますよね。
始めはスーツで様子を見る人が多いようですが、担当者に直接聞くのが一番確実です。

と言うのも、新人研修の目的や雰囲気は、自治体によってかなり違います。
内定者を入庁前にアルバイト待遇で実際に仕事に触れてもらったり、顔合わせや雰囲気を知るためや、自治体の関連知識を卓上で勉強したりするようです。

研修内容が違うなら、適した格好も違います。
男女とも研修中スーツで過ごしたり、日によってスーツやオフィスカジュアルを使い分けたり、運動着を着たりと内容に合っている必要があります。

恐らく、運動着での参加が必要であれば事前に通達されます。通達がなければスーツで様子を見るか、担当者に聞きましょう。

公務員の通常業務も服装は自由?

服装に関して規則がないなら、通常業務用の服装の準備も、新生活が始まる前にできたら楽ですよね。

確かに制服の仕事や外回りなどでスーツの着用が必要でなければ、通常業務の服装は自由な所が多いです。
(ここで言う通常業務は、一般的にスーツが必須ではない業務です。)

自由な服とは言え、TPOに合った服を選ぶ必要はありますし、だらしない服装をしていたら相手に信頼されにくくなります。
さらに、公務員は市民の税金で成り立っている仕事である以上、市民の目を意識する必要があります。あまりに華美だと不快に思う人がいますので注意しましょう。

避けた方がいい服装がある場合は、事前に人事や上司から教えてくれると思います。全体的にどんな服装の人が多いのか、入庁前や研修中に先輩方の服装を見て参考にしましょう。
よって、通常業務の服装は入庁後に準備するのが無難でしょう。

特に指定もなく、先輩方の服装もバラバラな場合は?

入職後もリクルートスーツ着ていても大丈夫ですので、研修同様にリクルートスーツで、しばらく様子をみても良いでしょう。しばらくして様子がわかってからビジネススーツやオフィスカジュアルを用意していきましょう。

傾向として、男性はスーツや作業着が無難です。
普段はノーネクタイの白シャツに、スーツのパンツかスラックスを合わせることが多いように感じます。
夏場のクールビズ期間中は半袖シャツやポロシャツ、冬場はカーディガンとジャケットを合わせている人をよく見かけます。
20~40代の男性を中心に、チノパンやダークカラーのスキニーパンツの人もいます。

女性のカジュアルは幅が広くて難しいかもしれません。
個人的には、柄が控えめで暗い色のボトムスに、白系のトップスのベーシックな組み合わせが多い印象です。

    トップス

  • 白か淡い色のブラウスやカットソー
  • カーディガンや上着もボトムスと同じような色味
  • ボトムス

  • 黒、紺、濃灰などのパンツか短すぎない丈のタイトかプリーツスカート
  • パンプスは歩く時に音がなりにくい太めのヒールがオススメです。
    このようなスーツに近い印象の服が、無難なオフィスカジュアルだと思います。

ワンピースはほとんど見かけませんでしたが、たまにジーパンやブーツを履いている人もいます。
利用者として違和感を感じなかったので職場の雰囲気によっては、気にし過ぎなくても大丈夫だと思います。

公務員が参考に出来るファッション雑誌は?

ベーシックなオフィスカジュアルが多い公務員女性ですが、参考に出来る雑誌はあるのでしょうか。

各自治体の雰囲気によって変わるかもしれませんが、私の主観による全体のイメージで実際に探してみました。

    私の中で公務員女性のイメージに近いと感じた雑誌がこの辺りです。

  • フェミニン寄りのコンサバ:With(講談社)
  • カジュアル寄りのベーシック:BAILA(集英社)、InRed(宝島社)
  • シックなコンサバ:Oggi(小学館)、CLASSY.(光文社)

雰囲気が変わっていってしまう雑誌もあるのですが、大まかなイメージとしてはこの辺りが参考になるのではないでしょうか。
ただし、私は雑誌をそのまま真似するのはオススメ出来ません

雑誌に載ってるオフィスカジュアルは華やか

私は昔から洋服を見るのが好きで、通り過ぎる人や雑誌などつい見てしまいます。学生の頃は雑誌に載っているようなキレイな格好に憧れていました。

しかし、実際に社会人になってから周りと見比べてみると「雑誌やお店でオススメのオフィスカジュアルは、かなりフェミニンだし華やかで、そのままでは着られないな」と感じました。

これは一般企業のOLでも当てはまることなので、公務員だとより現実とのギャップがあると思います。

    膝が出るフレアやレースのスカート、
    濃く鮮やかな色のスカートやトップス、
    柄が大きく反対色など目を引く色の組み合わせのシャツ など…

私服では可愛いかったり、出来る女風に見えるのですが、仕事をする上でどうなのかと考えた時には少し疑問が出てきます。

自分がもし取引先だったり、お客さんだった時に「その格好の人に担当されて、信頼し安心して任せられるか」を基準に考える方がいいと思います。
やはりここでも周囲(同じ仕事をしている人)と大きくかけ離れた格好をしない方が無難であることがわかります。

そう考えると黒や紺、濃灰など暗い色の服装しか着られなくて、地味でダサくなりそうと感じてしまう人もいるでしょう。
ですが、シンプルな無地の暗い色が、服として着た時にそのまま地味でダサいかと言うと、実はそうでもありません。

シンプルで質素=地味ではない

シンプルで質素な服は派手な服と同様に、似合うかどうかがわかりやすい服でもあります。

また、同じ黒でも濃さが違うように、色の深み・素材の質感・形が重要になります。
自分に似合う物を選ぶと顔色がよく見え、目鼻立ちもスッキリはっきりと見えるようになります。
ハンガーに掛かった状態では好みではなかった服も、着てみるとしっくりと洗練されて見えます。TPOに沿っているのに、本来のあなたらしい美しさを引き立てる服があるはずです。

好みとしては明るくフェミニンだったり派手な服だったとしても、仕事ではベーシックで似合う服を着てみませんか?
パーソナルカラー診断や骨格診断を見ながら自分に合う服の傾向を知っていくことをオススメします。

年代ごとに自分の最適を見極める方法

先ほどパーソナルカラー診断や骨格診断にも触れましたが、人にわざわざ見てもらうほど服に興味ない人も多いです。
ざっくりとですが、年齢に沿って下のように意識することも変える必要があります。

  • 20代前後
    20代向けはフェミニンな物が多いので、仕事着だけはベーシックな服を意識して実年齢より5歳ほどの上の女性をイメージをして選ぶと落ち着いて見えます。
    好みと似合う物が確立出来ていない人も多いので、色んな系統のお店を見てみたり試着してみましょう。
  • 30代前後
    自分を確立し始めて、色々な物に自分なりの定番が出来てくると思います。
    さらに洗練された女性に見えるよう、色々な服に触れながら質の良さを見極めましょう。
  • 40代以降
    自分の中で自分のイメージが固定されていませんか?
    パーソナルカラーも年々変わっていくそうです。時々定番以外もチェックしましょう。
    また、形として定番のシャツなどのアイテムも、数年ごとに新しい物に買い替えましょう。スマートでオシャレな大人の女性を演出できます。

選択肢が広すぎて迷いやすい女性のオフィスカジュアルですが、ベーシックな色、形の物の中からご自分に合う物を見つけましょう。ぐっと洗練された印象になり、頼もしい印象になると思います。

まとめ

新人研修の服装は、スーツや通常業務での服、運動着など適した格好が各自治体で違います。
そのため何も指定がなければスーツで様子を見るか、担当者に問い合わせましょう。
通常業務の服装については入庁後に準備や調達した方が無難でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする