大学入学式は喪服でいい?男子のスーツ選び方、バッグはいらない?

喪服 メンズ 男性 スーツ ブラックフォーマル
多くの学校では入学式での服装に細かな指定まではされていません。そのため何を着たらいいか迷ってしまいますよね。

高校までのように制服がないため、もしもの時に備えて喪服(ブラックフォーマル)で兼用できたら楽ですよね。
今回は初めての最適なスーツ選びについて調べてみました。
  

大学の入学式は喪服でも大丈夫?

ルールとしてダメと言うことはありませんが、入学式などのお祝い事の場では、本来喪服はふさわしくありません
また、学校長や来賓の方がブラックフォーマルを着ることもあること、高級な喪服ほど深い黒(漆黒)なので、リクルートスーツや平服(ダークカラーのスーツ)が多い会場中で多少浮いてしまう可能性もあります。

本来はそれぞれの場面に適した服装がありますが、入学式・就活・弔事を併用するために黒のリクルートスーツを選ぶ人が多いようです。
では、どの様に選べば着回ししやすいのでしょうか。

喪服と同じような意味で使われているブラックフォーマルですが、こちらは慶事弔事どちらにも着用出来る物があります。
この場合は漆黒ほどの暗い黒を使用していないことが多く、合わせる物によってお祝い事でも違和感なく使用できる可能性があります。

下の画像は男物の慶弔兼用ブラックフォーマルをマネキンに着せています。女性用のマネキンなので収まりが悪かったり、撮り方に難があるかもしれませんが、きちんと黒いブラックフォーマルであることがわかります。
ブラックフォーマル 喪服 大学 入学式
次に先ほどのマネキンの着ているブラックフォーマルを奥、喪服を手前に並べてみます。
喪服 ブラックフォーマル 漆黒 黒さ 違い
同じ「黒のスーツ」ですが、色の濃さや質が何となく違うのがわかりますよね。

喪服よりも慶弔兼用のブラックフォーマルの方が、リクルートスーツなどの黒に近いので、リクルートスーツの中に混ざっていても違和感を感じにくいはずです。
また、合わせる物でも印象が変わるのでブラックフォーマルなどの礼服を着たい場合、シャツやネクタイの色・柄で華やかさを出すと良いでしょう。
女の子の場合はこちら

スーツを新調せずに親の礼服を着る場合、自分だけ浮かないか不安になりますよね。お祝い事らしい華やかさを出す礼服の着こなし方についてまとめてみました。
大学 入学式 スーツ 男子 男性 喪服 ブラックフォーマル 選び方
オシャレなスーツに比べたら暗い印象かもしれませんが、喪服っぽさはかなり緩和されましたよね?
在学中はブラックフォーマル1着で済ませたい場合は、慶事やビジネス様にシャツ、ネクタイを別で用意することで着まわしが可能になります。
(地方によって風習も違いますし、感じ方は人それぞれなので断言はできませんが…)

オールシーズン使いやすい背抜きタイプ

また入学式に合わせてスーツを探そうとすると、ちょうど春夏用と書かれている背抜きタイプが多いかと思います。
スーツ ジャケット 総裏 背抜き メンズ 男物
背抜きとは、右側の様に裏地の面積が少ないタイプのものです。高温多湿の日本では、総裏ではなく背抜きが使い勝手よく人気なようです。
(世界的には左側のような総裏のスーツが標準です。)

分けて用意できるなら冬は総裏にすると温かいですが、オールシーズン着まわしたい場合は背抜きが使い勝手が良いと思います。薄手に感じるかもしれませんが北海道の親族は寒い時には重ね着や上着で対応していました。

    ここまでの簡単なまとめ

  • 喪服・ブラックフォーマルをお祝い事に着用してはいけないと言うルールはないが、本来はふさわしくない
  • 急な葬儀に備えたいなら慶事弔事兼用で背抜きのブラックフォーマルを選ぼう
  • 合わせる物を工夫することでお祝い事にふさわしい華やかさを出せます

大学の入学式の様子を動画などで確認しよう

ここまでの段階でまだ不安な場合は、実際に通う大学の入学式の動画を探してみると、おおよその雰囲気がわかると思います。
今回のために私も動画をいくつかざっくり見てみたところ、国立は暗色が目立つ真面目な雰囲気で、私立は学校によって差があるもののストライプ柄などの人も多く華やかな雰囲気でした。

    国立

  • ネクタイで明るい色・柄を使っている人は多い
  • スーツ自体は目立たないストライプか無地の黒・濃灰が7割、濃紺が3割くらい
  • 私立

  • 学校によっては、スーツ自体もストライプがはっきりしていたり、光沢のあるものを着ている人が多い印象
  • 全体的にネクタイだけでなくシャツも色味があるものを着ている

私自身の通っていた関東の4年制私立大学の入学式の様子も見てみると、女性は黒のスーツが多く、男性は黒や濃紺、濃灰にストライプのオシャレなデザインのスーツの子が多かったです。私の入学時や後輩達の式の手伝いで参加した時も同じような印象でした。

やはり学校によって違いがあるようなので、動画で見られると安心するかもしれません。
もしも動画が見つからなくて不安な場合は、この後の選び方をオススメします。

大学の入学式男子のスーツはどうやって選ぶ?

スーツ メンズ ストライプ ボタンダウンカラー 慶事 冠婚葬祭
(女性マネキンに着させているので収まりが悪くてすみません。)
今回新たに購入する場合は、出来るだけお祝いの場にふさわしい華やかな装いが好ましいです。

よく見かける黒無地のスーツ、無難で着まわししやすそうと感じるかもしれませんが、国際的に見ると夜のお出かけ、高級運転手の制服代わりなど、使えるシーンが限られています。
(実際に黒に見えるスーツも濃紺や濃灰であることが多いと思います。また、日本ではマナーを知らずに着ている人が増えているので、黒のスーツによってマイナスイメージになることはないと考えられますが、知っていて損はないと思います。)

何かと兼用したいと迷っているのであれば、就活でも使えて誠実さも表現できる、無地の濃紺や濃灰のスーツがベストだと思います。
こちらも合わせるネクタイやシャツを工夫することで、かなり華やかになります。成人式や結婚式、お通夜に参加でき、色々な場面で活用できます。(お通夜は濃紺・濃灰でも可能ですが、お葬式にはブラックフォーマルか喪服が必要になります。)

    ※就職希望の業界によって、好印象な色があったり、流行の色・形を取り入れた方が良かったりします。

このように考えると、初めてのスーツはブラックフォーマルと、無地の濃紺や濃灰スーツを2着用意し、シャツやネクタイはビジネス・慶事用・弔事用の物をそれぞれ別々に用意しておくことが個人的には最も効率が良いように感じます。
仕事によって必要なスーツの枚数も変わりますし、年齢によって合う色・形も徐々に変化していきます。スーツやシャツ・ネクタイは数年程度、長くて10年ほどで買い替えが必要になる可能性が高いので、社会人になってからのスーツはその時に用意した方がいいと思います。

お金をかけるべきもの

出来るだけ価格を抑えたスーツを用意する場合もこだわった方がいいと思えるのが靴です。
サイズも変わりにくく流行に左右されませんし、黒の内羽でストレートチップの靴を選べば冠婚葬祭・ビジネスなどと兼用で使えます。厳密に言うと夜の正装にはまた適した靴がありますが、昼間であれば何の心配なく様々なシーンで使用できます。また歩きやすい靴で、いい靴はきちんとお手入れすると一生使えます。

高いスーツに安い靴、安いスーツに高い靴の組み合わせで比べると、サイズをきちんと合わせれば安いスーツに高い靴のほうが全身で整って見えます。そのため、一番買い替えの必要がない靴には個人的にも出来るだけ予算をかけたいと思います。

    ここまでの簡単なまとめ

  • 入学式などのお祝い事にはストライプなどの華やかなスーツが合う
  • 学校によって雰囲気が違うので不安なら前年の動画などを参考にしよう。
  • 就活のリクルートスーツを兼用したいなら無地の濃紺や濃灰のスーツが最適
  • スーツは流行、年齢・体形の変化によって数年程度で買い替える必要があることが多いのですが、靴は流行に左右されずお手入れ次第で一生使えます。

大学の入学式にバッグはいらない?

当日は式中イスに座っているだけですし、式後に説明会があっても資料は紙袋などが用意されていることが多いです。メモが取れるようにペンを内ポケットにさしておけばバッグは特になくても大丈夫です。

私の印象では男性はバッグを持ってない人が多く、就活などで必要になってから用意してもいいと思います。しかし男性の場合、普段使いのバッグを持っていなくて心配だったり、物にこだわりがない場合もありますよね。靴と同じように、ビジネスバッグは流行に左右されずに使えるので黒のビジネスバッグを用意出来ると安心です。

まとめ

漆黒の喪服は避けた方がいいですが、慶事・弔事兼用と書かれているブラックフォーマルであれば、シャツやネクタイを華やかにすることで十分に対応出来そうなことがわかりました。

私は濃紺にストライプやヘリンボーンなどの織り柄のスーツが好みですが、就活などでも使える無地の濃紺や濃灰のスーツが無難に使いやすい印象を受けました。

結局のところ多くの人がいる中で細かく見ている人がどれだけいるか、喪服やブラックフォーマルとスーツとの違いがわかる人がいるかわかりません。決めるので予算を決めて考えるのがベストだと思いますが、そこまで悩むほど見ていないと気楽に構えて大丈夫でしょう。

ご両親の入学式への参加を迷っている場合はこちらも参考にされてください。
https://nanami-bibouroku.com/747.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする