大学入学式で親の礼服は浮く?女子らしい適度な華やかさを出すには?


新生活に向けて何かと出費がかさみますよね。
入試期間で太っちゃったりして、スーツを新調出来ずに親の礼服を着る場合、変に思われないか、自分だけ浮かないか不安になりますよね。

実際に過ごしてみると大抵の人は他の人の服装まで細かく覚えていないので、あまりに奇抜な色や形の服装でなければ、後々の人間関係に影響を及ぼすほど浮くことはありません。

入学式だけ親や親戚の礼服を使いたい場合の注意点をまとめてみました。

  

大学の入学式で親の礼服は浮く?

学校の指定内であれば礼服は正装なので適切な恰好だと言えます。

多くの新入生が就活と併用するために暗色のリクルートスーツを選んでいます。スカート・パンツスタイルの割合はその年によって変わると思いますが、どちらかが浮くといったことはないと思います。

しかしサイズが合うからと言って、礼服一式をそのまま着てしまうのはオススメ出来ません。
黒のリクルートスーツを着ている人が多いと言っても、通常の黒スーツとはやはり違っていてそのままでは威圧感が出てしまいます。

特に喪服(ブラックフォーマル)は深い黒(漆黒)で並んで見ると一目で違いが判ります。
喪服はお祝いごと(入学式)に本来はふさわしくないので、TPOをわきまえると言う意味でも出来るだけ避けたいです。

ですが入学式1回のためにスーツ一式を用意するのは大変なので、次の方法で礼服をアレンジして華やかさを出しましょう

    ※本来の意味でふさわしくないと言うなら、スーツに黒を選ぶことも同じように適切ではないそうです。
    それでもリクルートスーツや普段の仕事着として、黒のスーツを着用することに疑問を持っている人は少ないです。
    大学生同士なら尚更、人のスーツがTPOに合った適切な恰好か見分けられる人は少ないと考えられます。
    もしもアレンジを考えてみても不安や心配が解消されないようであれば、フォーマルな衣装一式をレンタルするというのも良いかもしれません。

大学の入学式で女子の服装として華やかさを出すには?

礼服用のスーツにカチッとしたYシャツなどを合わせるとフォーマル感が強くなってしまいます。
ブラウスや靴、バッグ、アクセサリーなどの小物を選びを工夫しましょう

ブラウスはスーツ量販店や、オフィスカジュアル用のキレイなデザイン素材であれば3千円前後で売っています。アクセサリーや靴などは、普段着用のキレイめなデザインを選ぶことで価格を抑えることが出来ます。

ブラウス

フリルやリボン、色・柄付きのブラウスや胸元がレースかフリルになっているカットソーを選ぶと華やかになります。
ブラックフォーマルなら薄いピンクなどの自分に合った色味の物、フリルのあるブラウスなどで一目で印象を変えられるのでオススメです。

個人的にブラウスは出来る限り試着することをオススメします。色味、襟の形、フリル感などが似合うと華やかになりますが、合わないと少しやぼったさや着られている感が出てしまいます。また自分に合った物を選ぶことで違和感や威圧感を軽減させられるかなと思います。

靴・鞄、アクセサリー

ブラウスと礼服を実際に着て、トータルバランスを見ながら小物を選びましょう。ちぐはぐな印象になることを避けられます。また靴や鞄はめったにサイズが変わらないので、他の場面でも使えてムダになりません。(就活やアルバイトの面接、学会など)

    靴は好みでいいと思います。私はストラップ無しのパンプスでしたが、アンクルストラップの子もいました。
    初めての場所を着慣れない格好で緊張して歩くのでデザインや色だけでなく歩きやすさも重視しましょう。
    ※就活の際にも使う予定なら、歩きやすさはかなり重要なポイントになります。

    鞄は暗色のバッグか、明るい色のかっちりしたバッグが礼服とのバランスがいいと思います。予算オーバーしていれば、入学式は手持ちの物で代用しましょう。実際、多くの友人が普段使いのバッグを使っていました。

    手持ちのバッグでも購入する場合でも、式後に説明会があることが多いので、その際の資料が入るサイズの物だと便利です。
    (入らない場合も袋やファイルをもらえるので特に心配しなくて大丈夫です。)

    アクセサリー

    無くてもいいですが、華やかになるのでバランスを見て検討しましょう。シンプルなデザインのブラウスなら華奢なネックレスなどを付けると品良くオシャレになります。

これらを合わせてみると意外と礼服感を軽減できます。予算に合わせて検討してみましょう。

大学の入学式で髪型やメイクはどうしたらいい?

礼服がかっちりしているのでふんわりセットした巻き髪や春らしい華やかなメイクで女性らしさを出せるといいと思います。

しかし、髪型もメイクも慣れない人がやるとバランスがおかしくなることがあるのでムリしなくても大丈夫です。

私は関東にある私立の4年制大学に行きましたが、かなりナチュラルなメイクかスッピンで暗めの茶髪の人が多かったです。
少しでも印象を良くしたい場合は眉を整えたり、眼鏡をコンタクトにしたり美容室で髪型・髪色を自分に合わせるだけで印象は変わります

髪型

好みの髪型があれば画像を用意し見せながら美容師さんに相談し、自分の髪質・顔型に合った髪型と入学式・普段それぞれのセット方法(整え方)を聞くといいと思います。
相談する際の画像は正面・横・後ろの3枚を用意してどこが好きかどんな髪型が嫌いか具体的に説明すると失敗しにくいです。

    ヘアカラー

    金髪やブリーチ、奇抜な色は悪目立ちしてしまったり礼服と合わない可能性が高いです。

    4年制大学では黒髪~濃い茶髪が多い印象があることと、真っ黒の髪だとより礼服っぽさが際立つ気がします。そのため染めたいけど何色にするか迷っている場合、個人的には濃い茶髪がいいかなと思います。

    セット

    成人式や結婚式の花嫁さんような逆毛を立てた派手な盛り髪でなければ浮くことはないと思います。
    カット後に一度試しにセットしてもらい、自分の髪型も美容師さんに撮ってもらいます。画像を見ながらセット方法やどこにポイントを持ってくるのかを聞いておくといいでしょう。

メイク

メイクは初心者さんほど迷走しやすく、どんなに自分でナチュラルだと思ってもバランスが悪くなりやすいです。そのため自分にあったメイクは時間をかけて見つけて慣れる必要があります。
全くの初心者さんは眉を整えてまつ毛をビューラーで上げる、色付きグロスやリップクリームを使う程度がいいと思います。

    眉毛

    眉毛は短く薄くし過ぎてしまうことがあるので、眉をコーム付きの眉ばさみでカットして明らかに邪魔な毛だけ抜くようにします。
    いきなり完璧にしようとせずにある程度まで整えるように心がけましょう。

    リップ

    リップは顔全体をメイクしていないので薄付きのものがいいです。ピンク系のリップクリームはナチュラルに血色を良くしてくれます。

    ビューラー

    ビューラーは店頭で試して目のカーブにあう物を選び、扇形にキレイに広がるように何回か練習してみましょう。

メイクは無理にしなくてもいいのですが少しいじるだけで意外と印象が変わり、少し自信が持てるので個人的にはオススメです。

    今回紹介したことは、次の順で行うとバランスが取れやすいです。

  1. メイクに慣れる
  2. 髪型を整える
  3. ブラウスを試着して決める
  4. 小物を用意する

洋服もそうですが手入れをした顔・髪型で似合う物もスッピンにぼさぼさ髪では似合っているのか判断できません。
先ほども言ったようにメイクについては今出来る範囲で大丈夫です。
まずは出来る範囲で整えてから、プロ(美容師さん)に自分に合う髪型にしてもらい、ブラウスも自分に似合っているものを選び、小物を合わせていくことで全体の雰囲気を統一して入学式に臨みましょう。


まとめ

最初に書いたように、実際に過ごしてみると大抵の人は他の人の服装や細かな言動まで覚えていません。
そのためあまりに奇抜な色や形の服装でなければ、後々の人間関係に影響を及ぼすほど浮くことはありません。

これはオリエンテーションや入学後すぐの失敗についても同じです。
私自身も友人がおらずかなり心細くて不安や心配もありましたが、誰が誰だかわからない状況で私の変だったことや失敗を覚えている友人はいなくて私も友人達の事を鮮明には覚えていません。
たくさんの人がいる中で正確に人の失敗を覚えている人の方が圧倒的に少ないし、学校生活で後からいくらでもカバーできるんだなと実感しました。

これから入学する皆が同じように不安を抱えていますので焦る必要はありません。ぜひ精一杯楽しんでくださいね。

ご両親や祖父母・姉妹などが式に参加しようか迷っている場合はこちらも参考にしてください。

大学生になってまで両親や祖父母・兄弟が参列して浮かないか、アンケート結果や実際の入学式の様子や感じたことから私なりの結論を出してみた。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする