トイレタンク裏の掃除方法!カビの原因に合わせて予防しよう


トイレに入るとぱっと見てキレイなのにカビ臭い、それはトイレのタンクの裏側のカビが原因かもしれません。
掃除のしにくい場所だからこそ出来るだけ一回の掃除でキレイにして今後はカビが生えにくい状態を作りましょう。

  

トイレタンク裏の掃除方法


ピンクや緑色の汚れならわかりやすいですが、簡単に落ちる黒い煤のような汚れもカビの可能性があります。タンクの裏に尿や便の汚れが付くことは考えにくいので、基本的にホコリとカビが混ざったものだと考えられます。
カビの場合は塩素系漂白剤での殺菌が必要になります。殺菌をしなければ何度も繰り返し生えてきますし、水拭きだけだとカビ菌を塗り広げることになるので注意しましょう。

    準備する物

  • ハンディモップ
  • ゴム手袋
  • 塩素系漂白剤
  • 桶やバケツ
  • 古タオル(汚れの付いていない雑巾)やキッチンペーパー
  • ステンレストング
掃除方法
  1. 乾拭き
  2. ハンディモップで乾いた埃を取り除きます。

  3. 漂白剤で拭き掃除
  4. 窓を開け、換気扇を付けて空気が循環するようにします。
    バケツに漂白剤を入れて5倍の水で薄めます。
    ゴム手袋をしてから古タオルかキッチンペーパーに薄めた漂白剤を染み込ませます。
    垂れない程度に軽く絞り、汚れを拭き取ります。

  5. 乾燥させる
  6. 周辺に垂れた漂白剤だけ拭き取って掃除完了です。

乾拭きはシート部分が使い捨て出来るハンディモップがオススメです。100円ショップなどにあり、手頃なお値段で気軽に買い換えられて衛生的です。いずれもマイクロファイバーで出来ていて埃を絡めて取ってくれます。使い捨て出来ないタイプの場合はカビ菌を他の場所に広げないために使用後は塩素系漂白剤で洗いましょう。
個人的にはふわふわのホコリやカビには細かい繊維でふわふわのハンディモップ、湿ったホコリやカビならモップらしい見た目の長い毛やタオルが巻き付いたタイプのハンディモップが使いやすいのではないかと思います。

薄めた漂白剤での水拭きは手で直接こすった方がくぼみまでキレイに掃除できますが、狭くて入らない場合は背中をボディータオルで洗う時の様に、古タオルをタンクに巻き左右に動かしながら汚れをこすり取りましょう。
さらに狭くて掃除が出来ない場合はハンギングステンレススポンジトングという水筒を洗う道具がオススメです。こちらも100円ショップなどにあり、普通のトングと違って太い針金のようなもので出来ています。スポンジなどを挟み、柄付きのスポンジトングとして使います。タンクのくぼみがある場合は柄の部分を軽く曲げると掃除をしやすいと思います。便器内のこびりつき掃除にも使えるのでトイレ掃除用に買っても損はないかと思います。

最後の乾燥ですが、漂白剤は成分が自然と分解されるのでタンクに付いた漂白剤はそのまま放置で大丈夫です。ですが壁紙の剥がれ・色むらの原因になってしまうこともあるようなので床や壁、特に継ぎ目の部分と色柄物の壁紙(クロス)についてしまった場合はすぐに拭き取るようにしましょう。

トイレタンク裏のカビの原因

今回の掃除でキレイにしただけでは、環境自体は変わらずカビに取って居心地の良い場所だと考えられます。しばらくしたらまたカビが発生してしまう可能性が高いので原因を取り除きましょう

通常、タンク自体は防止の機能(防露)を考えた造りになっているのでカビは発生しません。単純にタンクが古くて防露されていないか、防露が上手く働いていない可能性があります
40年以上前の古いタンクの場合は防露タンクに替えることで掃除などの管理もしやすく快適になりますが、簡単ではないと思いますので後で書いている予防法を試してみてください。
比較的新しいトイレなのに結露防止機能が上手く働いていない、もしくは防露タンクなのかわからない場合はメーカーに問い合わせましょう。水漏れなど他の可能性も含めて適切なアドバイスがもらえます。

そもそも家全体で考えてもトイレ自体は特別カビが生えやすい場所ではありません。タンクだけでなくトイレの部屋全体、北側の部屋、家全体など色んな箇所がカビやすい場合は家自体の断熱性能や施工の問題かもしれません。
その場合は根本的な解決をしないと次の方法も付け焼き刃になってしまう可能性があります。一度大家さんや施工業者さんに相談することをオススメします。

トイレカビ予防方法

カビの発生と増殖は温度・湿度・栄養・空気の4つが必要になります。

    カビの好む環境

  • 温度:5℃~45℃。特に25~28℃
  • 湿度:60%以上。80%~100%で回避が難しくなる
  • 栄養:尿便・皮脂・ホコリ・塗料・接着剤などほとんどの物質
  • 空気:カビが育つために酸素が必要(好気的呼吸)

この4つの条件がそろうとカビが発生します。よく見ると湿度以外は人間にとっても快適な条件ですよね。そこで除湿・防露と除菌をメインに防カビ対策をしましょう

古いタンクの裏だけ結露が発生するなら、防露タンクに替えるかタンクの内側に断熱シートを貼ると断熱効果で結露が発生しなくなります。しかしタンクの交換も蓋を開けて貼ることも簡単ではないので結露防止テープと言う吸水シートをタンクの外側に貼る方法がオススメです。
結露の水滴をそのままにすることを防ぐことが出来ます。定期的に交換することで汚れの付着を防ぎカビ予防になりますし清潔さを保てます。商品によっては吸水して自然蒸発出来る物もありますし、値段も数百円から数千円で予算に合わせて選ぶことが可能です。

また、カビは一か所に出来ると広がってしまうのでタンクのだけでなく部屋全体の対策が必要になります。そのためには換気をして湿度を60%以下に下げることが最短の方法です。晴れた日に窓を開けるのも効果的ですし、湿度の高い雨の日も扇風機をつけ換気扇を引くことで風を起こし、空気を循環させると湿度のある空気の滞留を防いで乾燥しやすくなります。結果タンクや便器、壁の表面に水分が付きにくくなり防カビ対策になります。除湿器ももちろん効果がありますがより安く排水の問題がない扇風機やサーキュレーターを回しっぱなしにする方法も楽なのに効果があります。
寒い冬場にはヒーターなどで部屋の温度を上げる方法もオススメです。同じ量の水分が空気中にある場合温度が高い方が湿度が低くなるため効果があります。寒さも緩和出来ますし高齢者のいるお家に特にオススメしたいです。

次に、カビにとっての栄養素を出来るだけ減らします。タンクの裏側に付きやすいホコリを出来るだけ小まめに掃除をします。壁など他の箇所に出来たカビも簡単に広がってしまうので、尿はねも含めてトイレ全体の汚れを取り除きましょう。
加えて掃除の仕上げにアルコールを使ったり掃除後に殺菌・抗菌効果のあるアロマを焚くと原因となる菌を減らすことができます。アルコールはすぐに揮発(蒸発)しますし、色々な種類のあるアロマは人工的な香りが苦手な人にも取り入れやすいと思います。
焚くと言っても自然に揮発した物を香らせているだけで大丈夫です。私はアロマをコットンやウッドバー(天然の木の板やサイコロ)に垂らして置いていたのですが、自然に広がる香りがお客さんにも好評でした。数年前から人気が出た置くだけのアロマディフューザーも手軽でインテリアとしても馴染みやすくオススメです。加湿もしないで済みますし、ビンと小枝の自作用のオシャレなセットも100均ショップや雑貨屋さんなどから沢山出ています。お気に入りの物が出来るとトイレに対する気分が前向きに変わると思います。

以上のことをしているとかなりカビを予防出来ると思います。それでも発生する時には定期的に防カビ燻煙剤やスプレーを使いましょう。

まとめ

タンク裏の掃除はハンディワイパーや塩素系漂白剤と古タオルやハンギングステンレススポンジトングが効果的です。

一度カビが発生した場所はカビの好きな環境であることが考えられるので出来るだけその環境を変えましょう。原因によっては防カビ対策が追い付かないスピードでカビが発生してしまいます。メーカーや大家、施工業者などに相談しましょう。

個人的には今後殺菌効果のある好みの香りを探してトイレの自然な芳香と防カビをしようと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする