トイレの直後臭いが気になる!原因から効果的な消臭方法を見つけた

トイレ 直後 臭い 原因 消臭 方法
トイレの使用後の臭い、自分のも他人にも気になりますよね。

香りで誤魔化さず、臭いの成分を中和させたり溶かす方法は意外と簡単です。
臭いの原因を理解して対応しましょう。

  

トイレ直後の臭いに今から出来ること

トイレ 直後 臭い 出来ること
まず物を準備せずに出来る方法を紹介します。
今回は臭いのが出そうだとわかっていたら、試せる方法が2つあります。

  • トイレをする前にパワー脱臭スイッチをON
    トイレによって名称が違うかもしれません。
    脱臭と書かれたボタンを押すとウィーーンと機械音がすると思います。
    もしボタンを押したら機械音が止まった場合は、常に作動しているタイプなのでもう一度押して元の状態に戻しましょう。

    パワー脱臭機能が付いているトイレは限られているかもしれませんが、意外と効果があります。
    私は排泄の途中から押すようにしていても、十分な効果を実感しています。

  • 排泄しながら流す
    エコではない方法ですが、どのトイレでも出来て最も確実な方法だと思います。
    特に和式の場合、洋式よりも開けている上に蓋を閉めることが出来ずに臭い物質が空気中に漂いやすいので、臭い物質が広がる前に水で包み流してしまうのが効果的です。

 
しかし、してみて初めて臭いとわかることもありますよね。
そんな時には、次の方法を試してみましょう。

  • 蓋を閉めて流す
    流してから気が付いた場合も、もう一度蓋をしてから流します。
  • トイレットペーパーを少量の水で濡らし、パタパタと空中で振ります。
    ※簡単に想像出来るかもしれませんが、水が絞り足りないとペーパーは破れるし、水が飛びます。
    飛び散ったペーパーや水分を取り除くのは虚しかったです。握るように固く絞りましょう。

臭いと言うのは、鼻の粘膜に臭い成分が付いてはじめて感じられます。そのため鼻に届く前に水分で臭い物質をキャッチすれば、臭いを感じることはありません。

トイレの臭いの原因

パワー脱臭もない、個室に手洗いもなくてペーパーを濡らせない場合はどうしたらいいのでしょうか?
臭いの原因となる物質から消臭方法を考えてみましょう。

大便や屁(うんちやおなら)の硫化水素

体が良好な状態であれば、納豆やキムチのような発酵臭がします。
これも嗅ぎたくないかもしれませんが、さらに体調や食べ物によって臭いが強くなり、ドブや下水の臭い、温泉街のような腐卵臭(卵が腐った臭い)になります。

このような臭いの原因は硫化水素です。
悪玉菌が優位だったり、動物性たんぱく質、ニンニクやネギ類などの食べた物によって多く発生しやすいようです。
 
硫化水素は酸性で水やアルコールに溶ける性質があり、また燃やすと臭いがしなくなります。
そのため、下水のような臭いや腐卵臭がしたら水やアルコールに溶かすか、重曹などのアルカリ性で中和させるか、マッチで燃やす方法が有効です。

ちなみに燃やすと言ってもトイレ内でマッチをこするだけで、ずっと火を付ける必要はありません。
化学式で説明すると2H₂S(硫化水素)+3O₂(酸素)→2H₂O(水)+2SO₂(二酸化硫黄)となります。
煙や微量な二酸化硫黄が出る可能性があるので、念のため十分に換気し、出来るだけ吸わないようにしましょう。

大便や尿のインドール・スカトール・アンモニア

先ほどの硫化水素の他に、便の中には濃いと大便、少量だと良い香りの成分となるインドールとスカトールも含まれています。
インドールとアンモニア(尿の臭い)はバクテリアによって分解される時に作られて、スカトールは大便に混ざって出てきて、アルコールによく溶けます。
そのため殺菌効果と、空気中に漂わせないためにアルコールスプレーをすることで、一定の効果があります
 
このことから、単純にその場で臭いがきついのは大便の硫化水素かスカトール、排泄後しばらくたってから臭うのは細菌などで分解されるアンモニア(尿素)とインドールだと考えました。

トイレの臭いの消臭方法はこれ!

トイレ 臭い アルコール スプレー 殺菌 掃除 大便 尿 硫化水素 インドール スカトール アンモニア
やはり脱臭機能を使ったり、排泄しながら水で流すことが、一番簡単で場所を選ばずに出来る優秀な方法でした。
さらに臭いの原因から考えて、我が家では誰でも使えるようにアルコールスプレーを用意しました。

流した後の便器内と空間に向けて数プッシュします。硫化水素もスカトールもアルコールに溶けて、重みで便器に落ちます。
最低でも1日1回と臭いが気になった時に吹きかけています。
 
中和させているわけではないはずなのに、大・小両方の排泄後の臭いが気にならなくなりました
吹きかけてすぐはアルコール特有のツーンとした臭いがしますが、少し経つと気にならなくなります。

2019年2月現在、アルコールスプレーを使い始めて半年経ちました。
大便の臭いに効果が足りなければマッチを用意しようとしていたのですが、今のところマッチの必要を感じていません。
また、気のせいか便器内がスッキリと真っ白に見えます。キレイに見えるようになったので、汚れたらすぐに掃除をしようと思えるようになったのが嬉しい副効果(作用?)でした。

まとめ

自分の使用後に臭いが気になる場合、まずはもう一度流したり、脱臭機能を試してみましょう。

外出先で手洗いが個室内にあればトイレットペーパーを水で濡らし、固く絞って軽く振ると臭い成分を吸着できます。
自宅であれば掃除とアルコールスプレーを試してみましょう。

我が家では、「脱臭機能」「アルコールスプレー」「汚れはすぐに擦る・拭き取る」を徹底してから臭いが気にならなくなりました。

トイレの臭いの原因は掃除不足かも?と思った方はこちらが参考になるかもです。

フチの裏側までキレイに掃除しているのになぜか便器周辺が臭う!その原因は普段見落としがちな2箇所だった!?今回初めて掃除してみたら...
 
掃除のしにくいトイレのタンクの裏側だからこそ出来るだけ一回の掃除でキレイにして、今後はカビが生えにくい状態を作りましょう。
 
キレイに掃除してるのに、雨の日に臭う!そんな時に試したい掃除方法と裏ワザ!水拭きNG!?原因を理解してないと解消できないって本当?
 
入った瞬間に「うっ」となる悪臭は単なる汚れではなさそうです。そんな時のチェック項目と対処方法、注意点は
 
掃除が大変な、尿の飛び散り!実はコレ、離婚の原因になるレベルの問題です。我が家での解決方法、私が知って良かったことは?
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする