トイレの手洗い陶器部分の掃除方法、洗面台傷つけない汚れの落とし方


 
トイレタンクの上や備え付けの手洗い用洗面器についてしまう汚れ。
こすっただけでは落ちない場合の3つのお掃除方法と注意点をご紹介します。
 
  

トイレの手洗い陶器部分の掃除方法

 
手洗い場に付く汚れですぐに落とせるピンクや赤色のぬめりはロドトルラです。中性洗剤とスポンジで掃除してアルコールをかけると発生が抑えられます。
問題は白・黄色・黒の硬い水垢です。白い水垢にカビやホコリなどが付着して色が付いているもので酸性洗剤で落とすのが効果的だと考えられます
 
しかしタンクの上の手洗いは洗剤がタンクに溜まってしまうし、タンクとは違うところに設置された手洗いも排水口に金具があることで掃除の仕方、洗剤選びに注意が必要になります。タンクの上に洗面器はマイルドな洗剤を使うかタンクに汚れを入れないようにします。タンクとは別の場所の洗面器は金属に影響しない方法を選びます。

洗面台が陶器の場合に掃除で注意したいこと

 
陶器自体には悪影響がないものの、タンク上の手洗い場合は洗剤成分が石鹸カスとしてタンク内を汚すことやゴムやプラスチックを変質・劣化させる可能性もあります。塩素系や酸性の成分を使っていて成分がタンク内に残っている場合は便器をもう片方の成分で掃除すれば毒ガスを発生させる可能性があります。そのため手間ですがタンク上の場合は十分注意して洗面部分を取り外すかゴミ袋で覆うことをオススメします。
タンク上ではない別の手洗いの場合、金属が使われることが多い排水口や蛇口は酸で溶けたり腐食を起こすことがありますので注意が必要です。
 
陶器自体に害がある方法としては耐水サンドペーパーや金属などで削り取る方法です。番号(#の後の数字)が大きいほど細かい目の研磨剤になるので傷が目立ちにくくなりますが、基本的には陶器より硬い素材なのでサンドペーパーなどで削り取る方法は陶器に傷が付いてしまいます
表面に傷が付くと言うことは今まで以上に汚れが付着しやすくなると言うことですので陶器の寿命を縮めることになると思いますので私はオススメ出来ません。

洗面台を傷つけない掃除をしよう

 
気が付いてすぐなら取れやすいと思いますが既にこすって取れない水垢となると頑固になっていると思います。根気強く落とす覚悟して順番に試してみましょう。

  1. スポンジと中性洗剤で余分な汚れを落とす
  2. クエン酸で陶器だけこする
  3. 短めのクエン酸パックをします。
    水100mlに対して小さじ2分のクエン酸を溶いて汚れに吹きかけて10分程度つけ置きしてからこすります。
    酸で水垢を溶かすには少しのつけ置きが必要ですが、
    先ほどもお伝えしたように酸が金属に影響するのでつけ置きし過ぎないようにします。
    (30分以内が目安。落ちにくいと思いますが繰り返すか次のステップに進みます。)
    すすぎ残しが心配な場合は換気をしながら重曹で中和させるといいでしょう。

  4. メラミンスポンジでこする
  5. いきなりこするよりクエン酸パックをしてからの方が落ちやすくなります。
    メッキ素材や陶器には使いやすいので活用しましょう。
    ただし頑固な物は取れないと思いますのである程度試してダメそうなら次に進みます。

  6. クレンザーで陶器だけこする
  7. スポンジやラップを丸めた物にクレンザーを付けて磨くようにこすります。
    研磨剤の硬さは商品によって違います。使用用途に陶器が含まれる物を使い金属を避けて使いましょう。

  8. 陶器用研磨パッドで陶器だけこする
  9. 水垢よりは硬いけど陶器よりは硬くない素材で出来ている商品(陶器用のダイヤモンドパッドなど)があります。
    金属に触れないように気を付けることと強すぎる力でこすらないよう注意して使いましょう。

 
いずれの方法も陶器やその周辺の金属・ゴム・プラスチックへの影響を最小限にするためにこすりすぎやつけ置きのし過ぎに注意しましょう
個人的にはクレンザーの前に使わなくなったカード(クレジットカードなどの硬くて厚いもの)でこするのも良いのではないかと思いますので試してみたいと思います。もし取れたら手っ取り早く取れる気がするので期待しています。
 
余談ですが洗面などに使われている陶器の表面には釉(うわぐすり)と言われるガラス成分が入った釉薬(ゆうやく)が塗られていて、それによってキレイな光沢や質感が出ています。
このガラスの膜によって本来の陶器(素地)より耐水性が増しますが、釉薬は灰などが混ざっていて完全なガラス成分だけではないためごく少量の吸水性があります。
完全なガラスより汚れを吸着しやすいため、水垢や汚れを付けない予防策として使用後に水分を拭き取ることが必要になります。
便器はそんなことしないのに!?と思うかもしれませんが便器も汚れを放置すると「さぼったリング」と言われる輪染みが抜けなくなります。
毎日は難しくても時々拭き掃除をすることで水垢やカビの発生や広がるスピードを遅らせる事が出来ます。出来るだけこまめにトイレットペーパーでもいいので水分を拭きとるようにしましょう。

まとめ

頑丈なイメージでキレイな光沢のある陶器ですが実は寿命があります。平均だと20~30年程ですが適当に扱っていると寿命を縮めてしまうことになりかねません。
根気強く水垢を落として今後は定期的に拭き掃除するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする