シャンプーボトルぬめり防止に早く乾かす方法!吊るすより良いのは?


 
新品の頃は可愛かったシャンプーボトルもいつの間にか底の方はぬるぬるして、ポンプ付近には白い石鹸カスや水垢で見た目の汚くなってしまいますよね。
 
汚いと思うと触りたくなくてなかなかキレイに掃除も出来ない。そんな悪循環に陥る前にしたい根本的な予防方法を考えました。
 
  

シャンプーボトルにぬめりや水垢は付き物?

 
ボトルの底のぬめりはカビ菌や酵母菌、細菌などの微生物が原因になります。
一番イメージしやすい黒い色のカビだと思いますが、実はそれより発生しやすいのが酵母菌や細菌によるピンクカビ・赤カビと呼ばれるロドトルラです。
ロドトルラは20~30℃の水があるだけで発生し、通常は害がなく落とすのも簡単ですが、放置して細かな凹凸に入り込むと色が付いてしまうこともあります。またお風呂場は栄養分となる皮脂も沢山ありカビなどの好む環境でもあるのでロドトルラが発生したら他の汚れも発生しやすくなっていると考えた方が良さそうです。
細菌は私たちの皮膚にいますし通常の家庭で問題になるほど増殖することはないようですが、免疫力の弱い人がいる場合は注意が必要になることがあります。
ある程度までは見た目だけの問題で済むぬめりですが、掃除で触るのも気分がいいものではないですし無いに越したことはないので予防したいと思います。
 
予防は簡単です。「水分を取り除く」これだけです。ロドトルラも水分が無いと発生しませんし、黒カビも水滴の中で繁殖することがわかっています。
そのため空気中の湿気ではなく物についた水分を無くすことがポイントとなります。床や備え付けの棚に直置きのままにしやすいシャンプーボトルですが、これらのことを理解してみると濡れた場所に接している面が多く簡単にぬめりがついてしまうのも納得です。

シャンプーボトルは早く乾かす方法

 
色々な商品、サイトを見てみたのですが浮かせて水はけを良くするか濡れたボトルを拭く方法しかなさそうでした。
 
水はけを良くする方法としては直接フックを付けるか網かごなどに入れて吊るしたり、壁付けのソープディスペンサーにするなどの方法があります。
インスタグラムなどのSNSでも関連した投稿がたくさんあってオシャレで憧れるのですが、個人的には壁に貼り付ける物が増えるとそこに水垢が付いてしまうことが気になりました。
新築時にメーカー純正のマグネット式タオルバーを購入していて便利で気に入っていたのですが、気が付いたらくっきりと水垢が付いてしまい落とすのにかなり苦労した経験があります。我が家は濃い色の光沢のある壁なので余計に水垢が目立ってしまうし、シャンプーなど夫婦で別に使っているので沢山吊るす場所が必要、ぶつかったり落としたり壁の水切りに邪魔になりそう、とデメリットが多そうだったので止めました。
 
次に拭く方法、これは単純ですが一番早いと思いました。毎日拭けるとは限らないので拭けなくても乾きやすいようにお風呂の外に置く場所を作ることにしました。
我が家はカウンターがありそれに合わせて背の高いイスを使っているので高い場所にポンプがあった方が使いやすいことと、二人分を一気に並べられる大きさがありステンレスでサビにくい物を条件に探し購入しました。

シャンプーボトルラックを使ってみた

 
大きさはお風呂のイスに座ってベストな高さを測ったりして決めたのですが購入してみると箱の時点で想像より大きく感じました。

圧迫感が出ないか心配しながら開封したら線が細いせいか意外と圧迫感なく高さもちょうどいいし、くっつけている部分や足のゴムなど特に高級感はないもののしっかりした作りで気に入りました。
ただし製品の問題ではなく私の失敗がありました。置きたい場所の床が水はけのために斜めの傾斜があることを考えていませんでした。

本来置きたかったのは鏡の横だったのですがぐらついてしまうので扉側に置くことにしました。
今までは身体の向きを鏡に向かって使っていたのですが浴槽の方を向くようにして使う必要が出てしまい、拭き上げる手間も考えて購入早々気が滅入ってしまって後悔しました。しかし、実際使ってみると始めは慣れない動きに面倒くささが勝っていたものの、数日すると壁の掃除のしやすさやボトルの清潔さに気分がよくて全く苦にならなくなりました。また、全部のボトルが一度に並べられているので2人とも使いやすい位置にあり、移動もこれ1つで済むので楽でした。

    使う際の流れ

  • お風呂の外にあるラックを浴室に入れる
  • 使ったらお湯、水の順に全体の汚れを洗い流す(面倒なのでかけるだけ)
  • 専用タオル雑巾で拭く(余裕がなければ省略)
  • 外の定位置に置いておく

マメな方なら慣れてしまえばなんともない動きかもしれません。ズボラな私としては汚くなってから掃除するよりはマシと言い聞かせています。
また、新品でキレイな状態なので掃除がしやすいですし触ることに抵抗がなくなりました。
定位置を決めたり、拭く専用のタオルを用意してムダな動作を省くことでめんどくささも多少軽減していると思います。
 
それでも忙しい・めんどくさい時は拭かずに外に出しています。定位置には水が垂れても直接床が濡れることはないように雑巾が置いています。
今は子どもがいないことも大きいと思いますがほぼ毎日拭けているのでサビもつかなそうです。しばらくはこの方法で行きたいと思います。

まとめ

シャンプー類はお風呂場に置きっぱなしにしているとどうしてもカビやロドトルラなどでぬめりが発生してしまうのでお湯と水で汚れを流してから拭くか水切れが良い状態にしましょう。
 
個人的には壁が濃い色や光沢のある場合は水垢が目立つので壁に付ける物は最小限にした方が良いかなと思います。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする