鏡の曇り止めフィルムは効果ある?お風呂の大敵水垢まで簡単予防!


 
購入前は本当に効果あるのか、どのくらい持つのか、貼るむずかしさと日々の水切りの手間どっちがいいのか、結果コスパいいと思えるのか気になっていました。
購入後、貼ってみて良かったポイントやイメージと違ったことをお話します。

  

鏡の曇り止めフィルムの効果はあった?

 
ズバリ、効果ありました!
上の写真は加湿器でわざと結露させています。わかりにくいかもしれませんが、左側は普通の何もしていない鏡で結露しているのに対し、フィルムを貼っている浴室の鏡は全く結露していません。
水垢によって曇っている場合、一度水垢を取る必要がありますが結露も水垢も予防してくれるので買って良かったです!少しお値段するなぁとは思いますが後悔していません。
(曇り防止効果の持続と水垢予防については半年ほど使ってから評価します。)
 
私が購入を決めた理由は鏡のお手入れが煩わしかったからでした。
新築当初にハウスメーカーさんオススメされた曇り止めコーティング剤を塗ってみたり、聞いたことのある手ごろな方法を試したりしました。最初はいいのですが、すぐに見えなくなったりムラがあったりしてちょこちょこ塗り直すのがめんどくさくなってしまいました。
また口コミに水垢もつかなくなって掃除が楽になったと書かれていたので個人的には水垢予防もかなり期待していました
 
購入してみるとポスターやカレンダーの様にコンパクトな箱に丸められて入っていました。
どこかで丸まった癖のせいで貼りにくかったと書いてあったので念のためズボンハンガーで1週間ほど吊るしました。クセは変わりませんでしたが、鏡に貼る面が内側になって丸まっていたので特に問題なかったです。
商品説明通りにして上手く出来ればいいのですが、貼り付けは難しいとのレビューが多かったので私は業者さんやレビューを参考にアレンジしました。
 
早速使ってみると、浴槽に蓋無しでお湯を入れて壁は結露しまくっているのに鏡は曇ってなかったです。先ほどの写真でもわかるように曇り止め効果抜群でした。きれいな親水状態で感動しました。

念のためお湯をかけてみると、フィルムを貼った鏡だけ水にとろみが付いているようにとろんと広がり均一でキレイな膜が表面に出来ています。
購入前にレビューを見て気になっていた歪みも私は感じられず、きれいに反射して見えました
ただ私はあまり気にならないのですが貼る時の水切りが甘かったのか、よく見ると貼り付けの際の水分が抜けているところと抜けていない所がありました。→数日したら消えていました。
また、私は100均などにあるような小さい部分用の物だと淵に水垢が出来やすそうだと思ったので東レの大きいサイズを買いました。現時点では正確な水垢予防効果はわからないですがフィルムを貼っている部分には付かないと思います。

お風呂の鏡で曇り止めは水垢予防もキーポイント

 
曇り止めについて調べてみて知ったのですが浴室の鏡が曇る原因は結露と水垢があります。
結露の場合は鏡を温めるか親水性コーティング、水垢は水切りするなどで自然乾燥させないこと(予防)が効果的なことがわかりました。フィルムの表側には均一に親水性コーティングが塗られていますし、鏡の表面が常にフィルムと接していて自然乾燥することがないので水切りの必要もありません。曇り止めフィルムを貼っているだけでどちらも予防してくれます。
水垢は放置すると同質化してしまいダイヤモンドパッドなどで削ってもキレイにならなくなると聞いたので、しばらくは毎日スクイージーで鏡も水切りしていました。ですが、我が家の鏡は留め具が大きく鏡の上下についていて水切りをするとそこから水がちょっとずつ出て来てしまいます。普通に水切りするだけでも面倒なズボラ主婦なのに鏡をスクイージーで押したり何度も水切りしてようやく出なくなるその手間が地味にストレスでした。
大げさかもしれないけどそれを簡単に解消してくれて曇り止めまでしてくれるフィルムは私にとって救世主でした。

鏡の曇り止めは簡単なフィルムが定番化しそう

 
我が家ではおそらく定番化しそうな曇り止めフィルムですが、今後一般的にももっと人気が出るんじゃないかなと思います。
口コミで見かけたメリットデメリットに実際に貼ってみた感想を加えました。

    メリット

  • 曇らない→その通りでした。本当に曇らなかった。夫も髭剃りが出来ると喜んでいました。
  • 日々の手入れが楽→その通りでした。汚れが付いたら指で軽く擦ると取れます。水切りは表面のコーティングが取れちゃうのでしません。
  • 貼り直しも半年後でいい→まだわからないですが効果が持続したらいいなと思います。持つようなら大掃除に交換を習慣にしたいです。
  • 他に付け加えるなら、ジャガイモやクエン酸などと違ってきちんと作られているので鏡の腐食や匂いの原因になるものがないことが安心します。
  •  
    デメリット

  • 値段が高め→大きさによって2,000円以上するので高いかもしれないです。ただ、曇り予防だけじゃなく水垢落としの苦労もなくなることを考えると妥当かなとも思います。
  • 曇る→親水性を理解していない口コミかな?と思います。水をかければ問題ないはずです。もし私が始めから全く効果がない商品に当たったら不良品の可能性を考えてメーカーに問い合わせます。
  • 塗るタイプより手入れに時間かかる→塗る・貼り付ける1回の時間は確かにフィルムの方がかかるかもしれないですが、効果の持続時間・交換頻度を考えると私は長い目でみてフィルムの方が時短な気がします。
  • 貼り付けが難しい→貼り付けはコツが必要かもしれません。ただし貼り直し出来るので表フィルムを取っといてコーティング剤をこすらないように何回か試したらいいかもしれません。個人的には貼り付けよりキレイに切る方が難しかったです。

 
イメージと違った点は保護シートと合わせると厚みがある事でした。
裏面保護シート・曇り止めフィルム・表側保護シートのそれぞれが薄くて合わせても厚めのラップを硬くした程度のイメージでしたが、実際には合わせるとラミネートした画用紙ぐらいの厚みがあります。
カットする時は保護シートごとカットするので厚みできれいにカットするのが難しかったです。私の個人的なわがままを言えばカットがいらなくなるようにサイズにもっとバリエーションがあると嬉しいなと思いました。
(ちなみにメインの曇り止めフィルムは上手く貼れると単体で触ることはないためあまり触れていないのですが、厚めの硬いラップみたいだった気がします。)
 
それでも私は貼る難しさよりも日々のお手入れの楽さが勝っています。曇り止めと水垢予防をしたい欲張りでめんどくさがりな私にはピッタリかなと思います。なので忙しくて日々のお手入れに時間をかけられない人にもオススメしたいです。
 
これらを踏まえて今の段階ではコスパが良いと思います。
(効果の持続期間によってコスパは変わるかと思いますので随時報告したいと思います。)

まとめ

 
曇り止めフィルムは親水性の曇り防止効果があります。
曇り止め+水垢予防になるので現時点で私はコスパがいいと思います。ただし水垢予防を考えると鏡の前面に貼りたいので、カットが必要なことが多いです。個人的には貼り付けるよりカットの方が難しかったので工夫が必要かもしれません。
それでも日々のお手入れが格段に楽になるので忙しい人、めんどくさがりな人にオススメしたいです。
 
個人的にはもっと多くの人に使われるようになったらもっとサイズも増えるかな?と期待してます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする