お風呂の目地カビ掃除、天井まで簡単なカビ取り剤は注意して使おう


 
いつの間にかポツポツと現れる黒カビ。
 
特に目地のコーキングやシーリングと呼ばれるゴム部分には出来やすくて、気になるけどめんどくさくて放置しがちですよね。
 
コーキングはこすると傷がついて汚れが付きやすくなってしまうので発見したらすぐに薬剤で落としてしまいましょう。
 
 
  

お風呂の目地カビに簡単で効果的な掃除方法は?

 
やはり、王道のカビ取り剤が簡単に色が落ちやすいです。
カビ取り剤は塩素系漂白剤成分が入っています。成分濃度だけで言うと塩素系漂白剤(キッチンハイター)などの方が濃いのですが、カビ取り剤はカビ掃除がしやすいように液だれしないなどの工夫された物なので使いやすい点がメリットです。
 
ただしカビ取り剤や漂白剤で簡単にカビの色は落ちるのですが根は残ってしまいます。またすぐにカビが発生してしまうので根まで殺菌する予防方法も同時に覚えてカビ対策をしましょう
 
そこで塩素系漂白剤を使った効果的にカビを落とす順番は「①予洗い→②カビの根を殺菌→③色素を落とす」この3段階です。
 

  1. ①予洗い:浴室用洗剤とスポンジで洗い、
    皮脂や石鹸カスなどの余分な汚れを取り除く
    ※酸性洗剤はNGです!中性洗剤を使いましょう。
  2. ②カビの根を殺菌:50℃ほどの出来るだけ熱いお湯シャワーを
    1か所に1分半ほどずつかける
  3. ③色素を落とす:カビ取り剤や塩素系漂白剤で色素を落とす
    (1)成分が薄まらないようにカビの周辺を乾いた状態にする
    (2)原液をカビに付け、つけ置きする。漂白剤の場合はキッチンペーパーとラップをかぶせ、流れ落ちないようにする。
    (3)水ですすいだらスクイージーか乾拭きで水気を取って換気扇をまわす

 
カビ取り剤だけでは根が残る、殺菌だけでは色素が残るそれぞれの作用を補い、さらに効果を発揮しやすいように余分な汚れを取り除くために予洗いで皮脂や石鹸カスを取り除き、カビの根を殺菌してから色素を落とすこの3段階が必要になります。
簡単な方法のはずがやることが多いように感じるかもしれませんが、入浴後①②と水切りをして翌日の入浴までに③をするなど工夫すると意外と簡単に感じます
いきなりカビ取り剤で漂白するよりも効率良く掃除出来ますし後々違いを感じると思います。
 
一度きちんとカビが落ちたら②カビの根を殺菌を定期的にしていると予防になります。入浴後にお湯と水をばーっとかけ流して水切りし、換気扇を回しっぱなしにするだけで漂白剤の出番がぐっと減りました
 
頑固な場合は「③色素を落とす」を何回か繰り返します。早く落としたくなるとは思いますが、先に書いたように傷が付いて余計に汚れやすくなるのでブラシなどでガシガシとこすらないようにしましょう。
こすらなければ取れない頑固なカビがある場合は手入れの問題だけではなくカビの生えやすい環境があるかと思います。
出来るだけ換気をするのはもちろんですが、思い切って防カビコーキングにしてしまう方法もあります。汚れの何もない段階から「②カビの根を殺菌」の予防法を定期的にしていると変わるかもしれません。
 

お風呂の天井にカビキラーは使えない?

 
カビ取り剤と言えばスプレータイプのイメージがありますよね。でも目線から上に直接吹きかけるのは危険でなので天井付近のカビ掃除は難しいし怖いと思っていました。
 
そんな時のために液だれしにくいジェル状のカビ取り剤があります。
チューブタイプが多く、目地に沿って押し出すだけなので簡単そうですよね。しかも臭いがきつくないのと色付きですすぎ残しがわかりやすい点が嬉しいポイントだと思います。
ただし、ジェル状のタイプはゲル化剤などが入っているので通常の液体タイプに比べて成分濃度低いために効果が薄く感じると思います。
実際に口コミを見てみると「思ったより効果がなかった」「取れなかった」と書かれているのも見かけます。
さらにジェル状なのですすぎに時間がかかりやすいこともデメリットかもしれません。
良い口コミをしている方は工夫して使っている人が多いようで、
拭き取ってからすすいで時間短縮していたり、ゴム手袋で刷り込んで何回か繰り返して落としているようです。
 
他にもテレビでも紹介された片栗粉を使って粘度を出す方法は今あるカビ取り剤や漂白剤を使用できるので便利です。ですが流れ切らなかった場合にお湯をかければ固まってしまうし、片栗粉のでんぷんがカビの原因になってしまうのですすぎ残しがないように注意が必要です。
 
それぞれのメリットデメリットを理解して使用したいと思います。
  

カビ取り剤の注意したいこと

 
カビ取り剤は塩素系漂白剤が入っているのでほとんど塩素系漂白剤の注意点と同じになります。
 
塩素系漂白剤は酸性の物と反応して毒ガスが発生します。
過去に主婦の死亡事例も出ていることから対策のためにパッケージに混ぜるな危険と書かれています。
酸性洗剤はもちろんですが、ナチュラルクリーニングとしても人気の酢やクエン酸も反応してしまうので注意しましょう。私は出来るだけ日にちを置いてから使うようにしていて、同じ日には使わないようにしています。
 
最近人気のパストリーゼなどの高濃度アルコールもクロロホルムと言う毒ガスを発生させるので注意が必要です。
私も持っているのですが意識していなかったので盲点でした。幸い併用したことがなかったのですが注意したいと思います。
 
また他の物質と反応しなくても塩素系漂白剤その物が強い洗剤です。肌や目など人体や汚れ以外の場所には触れないようにして変色・変質防止のために使用時間は守りましょう
 
最後に私も経験していているのが、触れていなくてもたくさん吸ってしまうと気持ち悪くなるので換気をしていても注意が必要です
私の場合は換気はしていたものの知らず知らずのうちに吸ってしまっていたようでなんかだるい…と思っているうちに少し息苦しく、気持ち悪くなったことがあります。意外だったのが吸って即気持ち悪くなるわけではなくて、始めはじわじわと何となくだるいだけだったことです。そのせいで塩素系漂白剤のせいだと気が付かずに放置してしまいやすいので注意が必要です。換気はもちろんですが休憩を挟みながら掃除しましょう。
 

まとめ

カビ掃除は色を落とす漂白が一番イメージしやすいがそれだけではカビの根は生きていて再発しやすい。
そのために手間ではあるが予洗い・殺菌・漂白の3段階が効率がいい。
 
危険もある塩素系漂白剤ですが正しく使えば便利なので特徴を理解して使いたいですね。
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする