お風呂鏡ダイヤモンドパッドの効果や傷を口コミ!落ちないって本当?


お風呂場の頑固な水垢に色んな方法を試したものの落ち切らず、
簡単に落とす方法はないと諦めかけていました。
 
傷を覚悟で試した結果わかった、頑固な水垢を落とす最短方法をご紹介します。
 
  

お風呂場の鏡にダイヤモンドパッド(ダイソー)を試した理由

 
これ一つでこするだけでウロコ状の水垢が取れる!そんな簡単さ、手軽さに惹かれました。
 
実はまだ新築の我が家、出来るだけ傷つけずに水垢を取る方法を試し
キレイにはなったものの、薄い水垢や隅にある頑固な水垢は取り切れませんでした。
 
また、定期的に水垢と格闘するのが煩わしいのでとことん簡単な水垢掃除方法を探すことにしました。
結果、研磨剤(ダイヤモンドパッド)で水垢を取り除いてから曇り止めフィルムを貼るのがベストな方法かなと思いました。
  
 
実はダイヤモンドパッドを使うことは、メンテナンスに来てくださったメーカーの方からもオススメされた方法でした。
使う際のポイントも教えてもらい部分的に試した結果簡単そうだったのもあり、やってみることにしました。
 
 

ダイヤモンドパッドの効果、傷の付き方を実際に試してみた

 
今回はダイソーの洗面台・お風呂の鏡用ダイヤモンドパッドを使います。
 
開封前の見た目からは、硬いスポンジにダイヤモンドの面が付いていてザラザラ、ウレタンとかゴムの臭いもしそうだなと思っていました。
 
開封してみると意外と柔らかくて、少し弾力のある食器用スポンジにスベスベのダイヤモンド面が付いている感じです。臭いも特に感じなくていいものの、案外コンパクトで磨きにくくないか心配になりました。
ちなみに裏面は真っ平で、透明フィルムが貼られていて剥がすと壁にくっつきます。
 
 
工程は簡単、

    ①中性洗剤で洗ってホコリや皮脂を取り除きます。
    ②鏡とダイヤモンドパッドを濡らしてダイヤモンドパッドでこすっていきます。
    ③洗い終わったら水分を取り除く。
これだけです。
 
実際に使ってみると、手で触ってわかるような凹凸の水垢はじゃりじゃり音がして削れていきます。他の方法より即効性があり、断然簡単でした!大きさも力が入りすぎないので良かったと思います。
 
 
実際にやってみた方法を振り返ります。 
使ったもの:スポンジ、中性洗剤、水切りスクイージー、ダイヤモンドパッド
 
①中性洗剤で洗いホコリや皮脂を取り除
これは普段浴槽掃除に使っている洗剤とスポンジでこすればOKなので簡単です。
私は普段スポンジではなくバスボンくんを使っているため、百均の安物スポンジを使いました。
  
②ダイヤモンドパッドでこする
メーカーの方の説明では

    ・シャリシャリと音が聞こえる間だけ使う。
    ・汚れが目立つ所だけじゃなく周辺も磨く

これだけ気を付ければ大丈夫とのことでした。
 
ただ個人的には少しコツが必要でした。
 
やってみて感じたポイントは

  • 時々水を流す&スクイージーでの水切りは必須
    (ホコリや削りカスを挟んだままこすってしまって傷が付くのを予防できる)
  • 流したらスクイージーで水を切るほうがいい
    (洗い面倒だけど水垢の取れ具合も確認しつつ汚れも排除できる)
  • ダイヤモンドパッドは下から始めた方が効率的
    (汚れを毎回流しきるのは面倒を防ぐ)
  • 洗う部分の鏡とダイヤモンドパッドだけ濡らす
    (ムラなく進められるし、どこまでこすったかわからなくなるのを予防できる)
  • ダイソーの場合、広い幅の方ではなく狭い幅で磨くと軽い力でキレイ
  • 面で磨くことを意識して一定の力で細かく動かして細かい範囲を削る。
    (意外と強くこすらないと水垢が取れないため、力が入りすぎてしまうのを予防)
 
③スクイージーで水切りかペーパーで拭き取る
拭き取る物によっては繊維やホコリが残り汚れと絡まってしまうと聞いたことがあるので、個人的にはスクイージーがオススメです。
 
Before→After
(Beforeのオレンジで囲っている部分は試した部分です。)
 
わかりにくい写真ですがこんな感じで凹凸のある水垢は簡単に落とせました。
ですが、目立たない薄い水垢を落とすのは難しくて落とそうと格闘すると細かい目に見える傷もたくさんついてしまいます。
 
ダイヤモンドパッドだけで全ての水垢を落とし、傷もなくすっきりキレイにするのは難しいことがわかりました。
 
 

鏡はダイヤモンドパッドで傷つくのにウロコは落ちない?

 
ダイヤモンドパッドだけで全ての汚れを落とすのは難しいですが、傷付くのに全然落ちないわけではありません
 
水垢が落ちない場合はこすり方が悪かったり、力加減が足りないことが多いと思います。
あまりに怖がって撫でる程度の力だけでは落ちないので、覚悟を決めてじゃりじゃりとした音やこすった感覚・抵抗感が変わるまでこすってみましょう
 
(スケールと言われる頑固な水垢が鏡と同質化してしまっている可能性も考えられます。
あまりにも取れない場合は、寿命と考えて買い替えた方が手間もお金もかからないかもしれません。)
 
 
傷が付いてしまった場合は力加減が強いことが原因だと思います。
実際何回か流しながら汚れや鏡の状態を確認していたところ、ある程度まではほぼ傷が付かずにこすることが出来ていました。
(私の場合は薄い水垢も出来るだけ落としたかったので実験的にこすってみました)
 
無理やりこすったりしなければ、水で濡れると見えなくなるレベルの傷だと思います。
なので私のようにフィルムで覆うつもりでいたらダイヤモンドパッドだけでもいいと思います。
 
フィルムに抵抗がある場合は、ダイヤモンドパッドは大きな水垢を取るのと、次に使う物が浸透しやすいように表面をザラザラに削るイメージで使う程度なら傷付きにくいと思います。
多少手間が増えますが凹凸のある頑固な水垢を(7割程度)ダイヤモンドパッドで取り除いてから、クエン酸+重曹、歯磨き粉、万能Jrくんなどで磨く方法がいいかもしれません。
 
 


 

まとめ

 

ダイヤモンドパッドでこするだけで頑固な水垢が落ちました!ですが、力加減が難しいです。
 
個人的には曇り止めフィルムを使う前提で、多少の傷は覚悟の上でダイヤモンドパッドで削り取ってしまうのが頑固な水垢を落とす最短方法だと思います。
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする