お風呂鏡ウロコ状水垢の掃除!傷・つけ置きなしの落とし方をしてみた

(イメージ画像)
 
1年ぐらいで鏡が曇るようになってきて、よく見たら水蒸気で曇るというよりもウロコ状の水垢の部分が水を弾くようになっていました。
 
ズボラなのでそのままでいいかなと放置していたものの、お客さんが来るのに恥ずかしいので重い腰をあげ掃除することにしました。
 
  
 

お風呂の鏡の水垢掃除


肉眼より水垢が見えづらいのですが、入居から1年半現在の状態です。
 
水垢が気になり始めた半年前に、歯磨き粉でこする方法やクエン酸パックをしてみましたが、疲れるし手間がかかった割りにほぼ変わりませんでした。
しかしなぜか半年前に歯磨き粉やクエン酸パックをした時より少し薄くなっている気がします。
 
自然乾燥させず水切りしていれば水垢が付かないことを知り、悪化させないために半年間毎日水切りしていた成果かもしれません。歯磨き粉やクエン酸パックで多少もろくなった表面を毎日スクイージーでこすることで自然と落ちていたのかなと思います。
とは言え、スクイージーだけでは当然水垢は落ち切らないので入浴時は水をかけても水垢で弾いて見えない状態に曇ってしまいます。
 
そこでまだ新しい鏡に傷をつけず、出来るだけ簡単に水垢が落とせる方法を探すことにしました。
 
(簡単な方法を最優先にすると出てくるのがクレンザーなどの研磨材・ダイヤモンドパッド・サンドペーパーなのですが、特にパッドやサンドペーパーは体験談や複数の掃除業者さんのブログを読んだ結果 除外しました。
強くこすりすぎて取り返しのつかない状態になるか、目に見えていなくても細かい傷が無数に付いた傷に汚れが入り込み水垢がかなり付きやすくとても落ちにくい状態になってしまうそうです。)
 
今回は歯磨き粉、古新聞、クエン酸と重曹、万能Jrくんの4つの方法を選びました。
 
それぞれを選んだ理由は
歯磨き粉
研磨剤は入っているけど確か入居時にメーカーの方が個人的にオススメしていたから。(前回効果を感じなかったけど、どの家庭にもあるはずなので比較にもいいかなと思いました。)
古新聞
無傷で済むのがいいし、窓掃除などで昔からの知恵として聞いたことがあるから。
クエン酸と重曹
メーカーの方がうろこ状の水垢にはクエン酸パックより直接クエン酸をこすりつけた方が落ちると教えてくれたから。また重曹はガンコな水垢に湯垢も混ざっている場合に効果がありそうだと個人的に思ったから。
万能Jrくん
研磨材不使用のクリーナーだから。
 

鏡の水垢を傷つけない落とし方4つを実際に試してみた

では実際に全体を簡単に洗ってホコリと皮脂を落としてから4つの方法を試してみます。

歯磨き粉

歯磨き粉をラップにとってこすっていきます。
 
何となく気になってきたレベルの水垢に良さそうだと思いました。
シャリシャリ音がするので取れてる気になりますが、音がするわりにあまり効果を感じられません。また多少でも研磨剤が入っているので傷をつけないようにビビっていて力加減が難しかったです。
 

古新聞紙

くしゃくしゃに丸めてから濡らした古新聞でこすり、水で流してから乾いた新聞紙でこすります。
 
何となくキレイになってる感じはあるのですが、水垢はあまり落ちている感じがしないです。
傷を心配しないで思いっきり出来るのがいいですが、こすりまくってると破れてカスが出てくるのが難点かもしれません。
窓などのホコリや手垢汚れの掃除や、最後に仕上げで水分を拭きとる程度がいいかもしれません。
 

クエン酸と重曹ペーストのダブル使い

鏡を軽く濡らしクエン酸の粉末をラップにつけてこすります。
一度水で流してから重曹ペーストをラップでこすります。

1番効果を感じました。やはり水垢と湯垢が混ざってたかもしれないです。
クエン酸パックより簡単で効果的とはいえ出来るだけ簡単な方法を探していたのにちょっと残念…
またクレンザーよりは弱いですが、研磨剤にもなるので念のため力任せにガシガシしないように気を付けました。
 
私としては傷をつけずに水垢を落とすベストな方法だと思います。
 

万能Jrくん

鏡を濡らし万能Jrくんをラップにたっぷりとりこすります。
 
歯磨き粉の様にじゃりじゃりしない割りに落ちます
IHヒーターとかにも使えるみたいだし高評価の口コミもあったので一番落ちるかなと期待していただけにショックでした。ただし、ツヤだしとしても使えるみたいなので最後の仕上げで磨き上げるのにいいと思います。
 
私は水垢落としの最後の仕上げ磨きに使うことにします。
 
 
Before→After

4つ試した結果、どれも一回数分程度こすっただけだと落ちた気がしませんでした。
写真の取り方も悪くて違いがわかりづらいのですが、個人的に肉眼で見た感覚だと
クエン酸と重曹>>>万能Jrくん>歯磨き粉・古新聞の順でキレイに見えます。
ただし、優劣と言うよりは上でも書いたようにそれぞれ向き不向きがあるようです。
 
今回は残りの全面をクエン酸と重曹ペーストをメインにこすり洗いしてから万能Jrくんで仕上げ磨きすることにしました。
 

鏡の全面の水垢をクエン酸・重曹・万能Jrくんで掃除した結果

クエン酸と重曹ペーストを2回ずつこすり洗いの後に万能Jrくんで磨きました。

Before→After
あれ?マシにはなったけどまだまだ残ってるじゃんと思いますよね。
ここでやめた理由があります。
 
乾いている時→濡れている時

このように濡れているとキレイに見える(親水状態になった)からです。
 
掃除する前は乾いている時より、濡らした時の方が水垢で水を弾いて(撥水状態で)見えにくくなっていたのですが、
今は水をかければ親水状態になります。以前も書いたのですが浴室鏡の曇り止めには撥水ではなく親水状態が効果的です。
親水状態の場合、水をかけないと水蒸気で曇ります。お風呂に入っていて姿を映したくない時は水をかけなけばいいので、個人的にはベストな状態で大満足です。
 
 
結果、残念ながら傷つけずに簡単!お手軽!な方法はなく、少し手間はかからないと水垢の曇りが解消されない事がわかりました。
今回の方法はこの5段階です。
 

①中性洗剤(浴室用か食器用洗剤)で洗う
②クエン酸でこする
(ラップを少し濡らすと多少はクエン酸が付いてくれますが、私はラップ越しにつまんでこすりつけました)
③重曹ペーストでこする
(重曹と水を2:1で混ぜます。じゃりじゃりの状態なのでラップに付きやすいです)
④クエン酸と重曹ペーストを様子見ながら何回か繰り返し、万能Jrくんで磨き上げる。
⑤水切りして乾燥させる
 
また洗う時のコツとしては
・こすり洗いの前に浴室用洗剤などの中性洗剤で一度しっかり洗う
・クエン酸が残っているとサビの原因にもなる事があるので鏡や金属部分をよくすすぐ
・鏡の背面に洗剤が残ると中が変色してしまうので側面と背面もよくすすぐ
この3点と水垢の再発防止の予防策として、掃除後や入浴後にスクイージーでの水切りをオススメします、
 


 

まとめ

 
うろこ状になった水垢は一回こすっただけでは落ちないことを覚悟して掃除しましょう。
また、完璧に水垢が落ちなくてもある程度取れれば親水状態になり、曇らずにキレイに見えます
 
水垢掃除のポイントは
・中性洗剤で余分な汚れを取ってからこすり洗いをする
・うろこ状の水垢にはクエン酸パックより粉末をそのままこすりつける方が効果的
・頑固な水垢の場合、湯垢が混ざっている可能性もあるので、重曹も使ってみる
・今後は再発防止のためにスクイージーで水切りする
 
個人的には
・完璧に落とすのを目指さず、親水状態になったらOK
・クエン酸、重曹ペーストでほぼ満足できるくらいこすり洗いしてから、万能Jrくんで磨き上げる方法がベスト
・悪化させない&弱った水垢が落ちるのを祈って毎日スクイージーで水切りする
(実際に少しだけどキレイになっている気がするので今後も継続します。)
 
今回試した結果は以上です。ぜひ参考にされてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする