お風呂の水垢ホーロー壁に付くうろこ状の頑固な汚れ落とし方と予防法


ホーロー壁は手入れが簡単ですがホーローの強さにかまけて掃除をさぼっていたらいつの間にか魚の鱗のように白く固まった頑固な水アカが出来てしまいました。始めはうっすらとした水滴跡だったのにメラミンスポンジでこすってもクエン酸パックしても消えないそんな頑固な水アカに効果的でホーローに適した掃除方法をご紹介します。
 
  
 

お風呂の水垢、ホーロー壁に付いたモノの正体

浴室の汚れは①人の皮脂②シャンプーや洗剤の石鹸カス③水道水の成分が固まった水垢・湯垢の3種類があります。皮脂汚れ・石鹸カス・水垢は知ってても湯垢についてはあまりなじみが無い方も多いのではないでしょうか?

実はこの水垢と湯垢は似ているのですが性質が違います。そもそも水垢とは水道水の中の炭酸カルシウムが固まったアルカリ性の汚れで、これに対し湯垢は水道水の中のマグネシウムと石鹸成分が合わさって固まった酸性の汚れです。
そのためアルカリ性の水垢には酸性の物(クエン酸など)、酸性の湯垢にはアルカリ性の物(重曹など)が有効とわかります。
(汚れと書いていますが、水垢・湯垢自体は衛生的に問題はありませんが表面の細かい凹凸に水や雑菌が溜まり、カビの原因となることもあります。そのため、見た目だけでなく衛生的にも水垢は取り除いた方がいいです。)

しかし、素人目にはどちらも白い汚れなので見分けがつきませんよね。もし見分けられてもめんどくさがりの私は洗剤を使い分けるのはめんどくさいのでせっかく頑丈なホーロー壁を選んだわけだし、既に硬くうろこ状にこびりついた水垢達を一気に!物理的に取り除く方法を選びました。(溶かすとか時間をかけるまどろっこしさ抜きで変質や傷をつけない方法)

お風呂の水垢、ウロコ状の頑固な物にオススメの落とし方

クリームクレンザー

手っ取り早く物理的に水垢・湯垢を取りたい!ホーロー壁ユーザーにオススメな方法がクリームクレンザーです。特に、水垢と湯垢どちらにも対応する中性タイプがオススメ

  • 壁にクレンザーを付けお風呂掃除用スポンジを使ってくるくるさするように磨く
  • 研磨剤入りなので周囲のカランなどを傷つけないように気を付けましょう。
    私はたまたまあった茂木和哉(浴室用中性クレンザー)と、お風呂用スポンジの代用品として古い食器用スポンジの不織布部分(研磨剤なしの安物)を使い念のため優しく磨きました。

  • 落ちない場合は研磨剤が入り込まないような物で磨く
  • 使い古したデニムなどのしっかりした目のつまった布地かラップ(サランラップなど)をまるめたものを使います。
    個人的には細かい部分にも対応しやすい軍手手袋(ビニール手袋の上に軍手)もオススメです。

  • 磨き終わったらキレイに洗剤成分を流します
  • すすぎ残しは水垢や石鹸カスの原因になります。

研磨剤入り不織布・ナイロンパット


クレンザーで効果がなかった場合、研磨剤入り不織布(スコッチブライトなど)や100均にもあるナイロンパットでこすります。
不織布だけでこすっても落ちそうになければ、クレンザーとのダブル使いで撃退しましょう。この場合も研磨剤で周囲のカランなどを傷つけないように気を付けましょう。

ダイヤモンドやサンドペーパー(紙やすり)


それでも落ちない最も頑固な物に対して最終手段として物理的に削ります。いずれも100円ショップなどで売っています。ダイヤモンドパッドは素材数種類あるので素材に合うものを選び、サンドペーパーは浸水性の物を選びます。金たわしを使うより狭い範囲をピンポイントで狙えるのでオススメです。

    削る:細かく動かして削ります。サンドペーパーは購入したままの大きさで広い範囲を一気削るより、5㎝角程度に小さく切って指先に巻いた方が周辺を傷つけにくくなります。
    すすぐ:時々水で流し、傷がついていないか様子を見て汚れが落ちる最低限の力で磨き、終わったら汚れを流しましょう。

 
クリームクレンザー・不織布・サンドペーパー、どの方法も毎日使用してしまうとホーローの表面のガラスに傷がつく可能性があるので、時々の大掃除などでの使用をオススメします。

風呂の水垢の予防方法

ここまで来たら頑固に成長した水垢・湯垢を落とす大変さが身に染みたと思います。本来、予防していればこんなに苦労することではないのです。わかっていてもその予防が簡単じゃないからこうなったわけですが、個人的には頑固な水垢に懲りてしまって、もう格闘したくないので少しめんどくさいけど予防方法を実践することにしました。
(ズボラの重い腰を動かす水垢…恐るべし(笑))
予防方法はズバリ日々水気を切ること&時々洗うことです。

スクイージーやタオル


お風呂上りにタオルで拭くかスクイージー(スキージー)と呼ばれる水切りワイパーで水気を切ります。
個人的にはタオルより楽な気がしたので100円ショップのスクイージーを一個用意しました。床のぬめり・カビ防止と兼ねて、お湯と水をかけてから水切りしています。余裕があれば天井から始め、床に向かってかけていきます。

中性洗剤

水切りしていれば炭酸カルシウムやマグネシウムもかなり蓄積させにくくなってると思いますが、時々浴室用ブラシ+洗剤で洗っておきましょう。

クエン酸パック


水切りをやり残していて薄っすらと水垢が現れたらクエン酸パックがオススメです。

  • 水200mlに対しクエン酸小さじ1(5g)を溶かします。
  • 水垢にかけるかスプレーし、蒸発しないようにラップを覆い1~2時間つけ置き(放置)します。
  • 時間がたったらかけていたラップかメラミンスポンジでこすります。
  • 1回

    で落ちなくてもつけ置きとこするのを何回か繰り返すと落ちます

 


 

まとめ

白いアカには水垢と湯垢があり、それぞれ性質が違います。
水垢・湯垢自体は見た目が悪いだけなのですが、そこに水分や雑菌がくっつきカビなどの原因になるので取り除きましょう。
頑固な物、水垢・湯垢の見分けられない物にはクレンザーなどを使用し溶かしつつ物理的に削りましょう。
 
予防していれば防げるので、一度水垢を取り去ったら多少めんどくさくても時々洗い、日々水切りして予防しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする